メインビジュアル

杉並区 内科 精神科 訪問診療 在宅医療 機能強化型在宅支援診療所

〒166-0012 東京都杉並区和田1ー42ー7

お問い合わせ03-5340-7472

MENU

当院の特徴 feature

Aiクリニックの特徴

内科、精神科を軸として総合的に診療いたします

内科の患者さんが、不安や不眠に悩まされる、身体的な辛さなどから抑うつ気分となる、加齢と共に認知力が低下するなど、精神面での問題を抱えることは少なくありません。
また、精神疾患を治療中の患者さんに、内科的な問題点やご病気が見つかることもあります。
当院には総合内科専門医、精神科医が複数在籍しており、内科の診療、精神科の診療、両方の診療の他、必要に応じて整形外科、形成外科、泌尿器科など総合的な診療が可能です。診療するのは病気ではなく、患者さんご本人です。

 

 

あなたの「自宅で生活したい」を支えるクリニックです。

 

こんなあなた/ご家族にお薦めです。

通院が困難な方の為のサポート

  • 「本人の希望を叶えて病院から在宅に移りたい。」
  • 「最近、通院するのが大変。先生が来てくれないかしら。」
  • 「精神疾患の対応をしてくれないかしら。」
  • 「物忘れがあって、今後の生活が不安だ。」
  • 「ターミナルと言われた。 最期は住み慣れた自宅で過ごさせてあげたい。」
  •  

     

    当院の成り立ちについて

    精神科の患者さんの治療が社会からの隔離であった時代は随分過去のものとなりました。治療の主たる場は外来通院へと移りましたが、まだ実際には社会参加が難しく「精神障碍者」というレッテルを張られ、社会の受け入れや理解が不十分な時代が長く続きました。

    そんな時代にあっては、精神科患者さんが合併症を発症すると不十分な治療を余儀なくされ、患者さんにとっては悲しい時代でした。これには治療効果に限界があったということも一因かもしれません。

    しかし、最近の治療法の進歩や市民活動により、社会は変わりつつあり、精神科患者さんを取り巻く環境は変化し、就労する方も珍しくありません。

    また、病気の完治により、就労や結婚、育児などの通常の社会参加を行える方も増えています。従来の精神障碍者としての定義を見直すべきという議論も沸き起こっております。

    一方で、精神科患者さんやそのご家族にも高齢化に直面しております。加齢により患者さん本人が通院困難となるケースや通院介助していたご家族様の高齢化により通院困難となるケースも増加しております。

    そんな折、当院の訪問診療は精神科と内科の合併症治療に対する在宅生活での受け皿として2008年より出発いたしました。当時はまだ訪問診療そのものがまだ十分な市民権を得ていませんでしたが、精神科と内科の合併症を診るというのは、なかなか大変であったと記憶しております。しかし、いくら大変であっても一貫して地域の精神科治療の底上げに少しでも貢献することを目指して努力して参りました。

    また、地域の多くの関係者にご支援いただき、当院は徐々に成長し、現在では、精神科、総合内科、内科、整形外科、泌尿器科、形成外科、血液内科、などの多くの専門医が在籍するようになり、診療可能な疾病に対する幅がでてまいりました。

    また、都立松沢病院を始め河北総合病院、東京警察病院、新渡戸記念中野総合病院、東京医大病院などの大病院との連携させていただけることとなり、スムーズな地域連携体制が構築できたと存じます。
    これからも地域に愛(Ai)されるクリニックであり続けたいと思い、日々精進したいと存じます。

     

    困っていること、悩んでいることをきかせてください。きっと力になります。


    電話番号
    03-5340-7472
    03-5340-7472
    TOP