その認知症は本当に認知症?

94歳の女性、もともとは大学病院に通院していました。

しかし、高齢のため徐々にADLが低下し、通院困難となり介護度が5となってしまい、当院に訪問診療の依頼が来ました。ご家族の話によると、前医からは「認知症で、現在ターミナルである」とも告げられたそうです。さっそく訪問に伺うと、患者さんは顔面蒼白でごく簡単な労作でも息切れを起している状況でした。血液検査を施行すると、ヘモグロビンが5.3g/dl、MCV(赤血球の大きさ)が63であり、著しい鉄欠乏性貧血を起こしていました。その後詳しくお話を聞いたところ、過去に胃癌の手術歴があり、鉄とビタミンの吸収障害を起している状態でした。鉄剤などの投与をしたところ、わずか数週間のうちに患者さんは元気になり、認知症状も大きく改善いたしました。また、ADLも改善し、少しではありますが独歩可能となりました。もちろん「ターミナル」でも、認知症でもなく、結果的には鉄欠乏性貧血に伴う認知機能の低下、慢性心不全であったと診断いたしました。

このように、「認知症」と診断された方の中にも実際には内科的な病気で認知症と似たような症状を起すことがあります。しかし、これらはいわゆる「治る認知症」です。今回のケースは鉄欠乏性貧血でしたが、これ以外にも、甲状腺機能低下症、電解質異常、副腎機能低下症、慢性硬膜下血種、正常圧水頭症、ビタミンB1欠乏症、高アンモニア血症、うつ病、脳梗塞、膠原病、など認知症と類似の症状を呈する病気があります。このような病気はきちんと認知症と区別し対応することが求められます。また、患者さんの立場からすると「精神科」と「内科」のように科を分けることにはあまり意味がなく、総合的に診てくれる医師を求めているのではないでしょうか。当院では精神科と内科の両方の側面から患者さんを診察することでより良い診断や治療を提供できると考えています。認知機能の低下を認めた場合であっても、それは本当に認知症であるのかどうかよく考えなければなりません。